代表プロフィール 株式会社,合同会社の設立ならはじめての会社設立|東京の税理士事務所

ASC News
代表税理士プロフィール

代表中村は、理系出身、民間企業で経験を積んだ税理士です。

株式会社エーエスシー代表取締役、中村健一郎 はじめまして、株式会社エーエスシー代表取締役、中村会計事務所の代表税理士、中村健一郎と申します。この度は当サイトにお越しいただきありがとうございます。 ASC・中村会計のスタイルは、他の会計事務所に比べて一般の会社に近いところがあるかもしれません。これは代表である私、中村が歩んできた道が、他の会計事務所の代表と大きく違うからだと思います。
私は、某私立大学の理工学部の出身なのですが、これ自体、商学部や経済学部、経営学部などの文系出身者が多い会計事務所業界としては変わり者なんです。(実際、大学2年までは、自分はどこかのメーカーに就職してエンジニアになるものだと思っていたくらいです。
社会に出てからは、経営コンサルティング会社で、主に上場企業や官公庁を相手に、会計税務だけでなく、経営戦略や組織、その他特殊なテーマのプロジェクトにまで携わりました。(英語もろくにできないのに、NASA(アメリカ航空宇宙局)へ国際会議の日本側事務局として行ったこともあります。)その後入った東証一部上場の会社では経営企画部に所属し、予算編成や管理、大型のリストラや買収案件の検討、ERPの導入など数多くの経験をしました。(ちなみにERPとは、会計、人事給与、生産管理のモジュールを備えた巨大な業務ソフトです。)サラリーマン特有の大変さ(社内政治や理不尽さを我慢する必要性等々)を知ったのもこの時期です。

クライアント様の喜びが自分の喜びとなるような仕事を

サラリーマン時代のこの間、社内・社外を問わず、クライアントのためになるよう、自分の専門的知識や経験を使って考え、行動し、結果として喜んでいただく。お役に立てる事で、自分も誇らしい気持ちになることができ、嬉しさを覚える。そんな仕事のスタイルでやってきました。
そして30歳になる直前に、経営コンサルティング会社の時よりも敷居を下げ、東証一部上場会社の経営企画部の時よりも丁寧にサービス提供をすることを目指して独立し、今に至っています。 つまり、会計事務所で修行して独立、という一般的な税理士の先生方とのキャリアパターンと大きく違っているのです。 この経験のお陰で、ASC・中村会計を会計事務所としてというよりも、一企業のつもりで社内の体制を固め、サービスを提供することを心がけてきました。
その一例を以下に3つ挙げてみます。

業界慣習に」とらわれない価格設定を心掛けています!

今でこそ普通になってきましたが、10年以上前の独立当初から打ち出した月額2万円で記帳代行込みという価格設定は、出席した税理士会の会合で「そんな値段で本当にできるのか?」と批判交じりで質問されることなどが幾度かありました。 ですが、当時の私はむしろ「何か相談があれば電話してください」、というだけで月3万円、5万円を頂くことの方が「そんな値段で本当にできるのか?(続けられるのか?)」という思いがありました。
そのような関係は、もしクライアント様が少しでも困った時にはなくなってしまう危ういものに感じられたからです。サービスを提供し、それに対して料金をいただく、他の業界では当たり前のことが、(今も一部そうですが)特に当時の業界には希薄だったのだと思います。

新卒から教育して、安定したサービス提供を心掛けています!

また、一般的な会計事務所は人材教育の手間を省くために、中途採用を中心に人員構成をしますが、その分、離職率も高い傾向があります。 担当者が退職によって頻繁に変わってしまう。 つまり、社長や社員の給料や、会社の業績まで全てを任せて情報開示をしている人が、外部に何人も出て行くということ日常的に起こっており、一部問題化してると聞きます。

守秘義務があるから問題ないというのは本当でしょうか。
「できれば勘弁してほしい」というのが本音だと思います。

そのため、ASC・中村会計では、新卒を中心に雇用し、業務を遂行しています
知識・経験だけでなく価値観も共有していきますので、確かに手間と時間はかかりますが、そのお陰で、中途採用中心の体制にありがちな離職率の高さとは無縁の安定的な業務提供ができています。
実際お客様のスタッフは入れ替わっても、お客様である社長様とASC・中村会計のスタッフとの関係だけは設立当初から変わらないということも珍しくありません。 (お客様の下で退職者の代わりに入った人に、ASC・中村会計のスタッフが、これまでの経緯を説明しながら会社の業務をお伝えすることもあるくらいです。)

経営視点(お金儲けの視点)をもつように心掛けています!

ASC・中村会計は、他の会計事務所よりも、経営(平たく言えば金儲け)に近い視点を持っていると自負しています。 会計税務を正しく処理するのは当たり前のことであって、むしろお客様のご商売がうまくいくにはどうしたら良いのかを考えているのです。 お客様に、自社のビジネスを知らしめたいと言われれば一生懸命考えますし、たとえば、お客様同士をマッチングして新しいビジネスが動く場合などには、この上ない喜びを感じます。
お客様が喜んでいる姿はもちろん嬉しいですし、(それによって手数料を取るわけではないため短期的に当社が儲かるわけではないですが、)自分たちの商売も当然長期的にはお客様の発展の恩恵を受けるわけですから、当然嬉しいわけです。
所さんの目がテン!等、各メディアでも活躍しております。 毎月30社様限定!「はじめて社長になるときに読む本」をプレゼント!

トップに戻る

Copyright (C) ASC ,inc . All Rights Reserved . 港区の会計事務所|株式会社エーエスシー・中村会計